こなれ感ググっとUP!簡単キレイに眉毛を染める3つの方法

ファッションに合わせてヘアカラーも明るくしたり暗くしたりはもはや当たり前のことですよね。

でも眉毛のカラーリングはおろそかになっていませんか?せっかくヘアカラーを明るくしたのに眉毛は黒いままというのはやっぱりちょっと変。

だけど眉毛のカラーリングはやったことがないのでどうすればいいのか分からないという方に、眉毛をきれいに染める3つの方法をご紹介します。

■眉用マスカラで染める

97fcdb97c11e0b34eda6b20c994dd949_s
一番お手軽なのは、明るい色の眉用マスカラを使ってカラーリングする方法です。

普段のアイブロウと同じ感覚で使用でき、クレンジングで落とすことができるので、初心者でも安心してトライすることができます。

また、メイクのたびにカラーリングするので、根本がのびてプリン状態になってしまう心配もありません。

そこまで明るい色にはならないので金髪に近い色にしたい人にはあまり向きませんが、眉用はさみを使って眉毛を短くカットしたり梳いたりして薄くしておくことで、よりマスカラの色味を出すことができます。

■ムダ毛用の脱色クリーム

6e2923e6cadb7370f2a3cdb266263067_m 眉用の脱色クリームもあるのですが、売っているお店が少なくなかなか手に入りにくいものです。

そこでよく使われているのが、ムダ毛用の脱色クリームです。

使い方は、説明書通りに脱色クリームを作って眉毛にまんべんなく塗ります。

皮膚につくと刺激があるので注意しましょう。

塗り終わったら、クリームが垂れて目に入らないようにラップを重ねて時間を置きます。

説明書に記載されている時間より少し短めにしておくといいでしょう。

途中で綿棒などでクリームを一部ふき取って色の抜け具合を確認すると失敗しないですよ。

最後にしっかり洗い流して完成です。

比較的簡単にできる方法ですが、ムダ毛用の脱毛クリームは顔に付けることを想定して作られていないので刺激が強く、人によってはかぶれてしまったり肌にトラブルが起きてしまうこともあります。

特に肌の弱い方は注意してください。

■サロンで脱色

58838639cc8ec785b1b0dc1989bde6b1_s 一番きれいに染めることができるのは、やはりサロンでブリーチしてもらう方法です。

料金は、ブリーチだけなら1,000円~2,000円程度、眉のセットも含めると5,000円前後としているサロンが多いです。

また、美容院によってはヘアカラーをした場合にサービスで眉のカラーリングを行ってくれるところもあるようです。

ただし、顔の皮膚は薄く敏感なので普通の美容院で眉のブリーチをやってくれるところはあまりありません。

眉専用のサロンを探すのが確実です。

眉と髪のカラーがばっちり合っていると、こなれ感が数段アップします。

思い切って眉のカラーリングにチャレンジしてみてはいかがですか?

関連記事一覧