紫外線に関する知っておきたいお肌の対策法

紫外線といえば、しみやしわなどの肌トラブルを起こす有害な光線として有名ですね。
ここ数年は美白ブームということもあり、基礎化粧品でもアパレルでも紫外線対策のための商品がいろいろ開発されています。
ただ、正しい紫外線対策をするには基本的なことを学んでおくことが重要になるので、しっかりと基礎知識を身につけておきましょう。

紫外線の影響とは

YMD96_bakansuokinawa20120729500

地上まで届く紫外線にはA波とB波があり、それぞれに肌に悪影響を及ぼします。
UV-Aと呼ばれる波長は透過性があるため、雲やガラスなども容易に通り抜けてくるので、曇りの日でも紫外線を浴びてしまったり、部屋の中にいても日焼けをしてしまったりするのですね。
UV-Aを肌に浴びると真皮層にまで届いてしまい、真皮層内の繊維質を変形させるので、これがシワやたるみを引き起こします。
UV-BはA波ほど波長が長くないのですが、日差しが出ている日に外にいると、表皮を炎症させるダメージを与えます。
このダメージから肌細胞を守るためにメラニン色素が生成されるので、しみやくすみなどを引き起こしてしまうのです。

紫外線を防ぐ方法

LIG_h_agentkusaridesibaru500

紫外線が強くなるのは春から夏にかけてですが、秋や冬でも紫外線は降り注いでいるので、油断していると肌にダメージを与えてしまいます。
もちろん一年中日焼け止めをたっぷり塗る必要はありませんが、紫外線を浴びるシチュエーションや天候に合わせて、日傘をさしたりUVカット加工の服を着るなどの方法で紫外線を防いでいきましょう。
また、家の中にも紫外線は入り込むので、UVカット効果のあるカーテンを利用したり、グリーンカーテンを育てるなどの工夫もしておきたいですね。

日焼け止めの選び方

紫外線を防ぐ方法の基本は日焼け止めを塗ることですが、日焼け止めには紫外線を防ぐ効果を表すサンケア指数があり、SPFとPAで表記されています。
SPFはUV-B波を防ぐ働きを持っていて、1から50までの数値で表されています。
SPF1で25分間紫外線カットができるので、例えばSPF20なら20×25分なので500分、約8時間UV-B波を防ぐことができます。
PAはUV-A波を防ぐもので+で表示されています。
+が多ければその分紫外線に対しての効果が高くなるので、炎天下でスポーツをする場合はSPF値が高くPA+が多いもの、買い物や洗濯干しなどの日常生活ならSPF値は高くてもPA+は少ないものなど使いわけるといいですね。

まとめ

紫外線への対策としては日焼け止めが有効ですが、科学的にカットするので使い方次第ではお肌に負担をかけることもあるので、いろいろな方法を組み合わせて対策をしていきましょう。

関連記事一覧