敏感肌の人に使ってほしい石鹸の種類

敏感肌の方は、化粧品はもちろん肌に使うものは慎重に選ばなくてはいけませんが、中でも洗顔料は肌が一番無防備な状態になるので注意が必要です。
その洗顔料で最近注目されているのが、肌に優しいのに汚れをきちんと落とせる石鹸です。
ただし石鹸にもいろいろな種類があるので、敏感肌でも安心して使えるものを選びましょう。

敏感肌になぜなってしまうの?

CRI_IMG_6067500
肌にはバリア機能があり、このバリアが外部の刺激や化粧品などに含まれる添加物から肌を守ってくれることで、肌荒れやトラブルを防いでいます。
ただこのバリア機能はスキンケア不足や間違ったスキンケア、睡眠不足やストレス、偏った栄養バランスなどで機能が低下したり損なわれてしまいます。
すると肌を守ることができなくなるので、衣服や髪が触れただけでかゆみがおきたり、普通の化粧品でも肌に刺激となってトラブルが起きたりする敏感肌となってしまうのですね。

敏感肌と洗顔

DI_IMG_5738500
洗顔をするとバリアを作る皮脂まで落としてしまうので、敏感肌の方は洗顔料を使わなかったり、洗顔回数を減らしがちになりますが、洗顔は肌を健康にする基本です。
洗顔できちんと汚れや古い角質を落とさないと、ターンオーバーが低下するため肌細胞の再生が滞って、敏感肌の状態を改善することができません。
また、毛穴が詰まって吹き出物ができたり、しみやしわなどのトラブルにもなってしまうので、敏感肌であっても正しい洗顔方法できちんと洗いましょう。
ただし、クリームやフォームタイプの洗顔料は、肌の負担となる油分や刺激となる界面活性剤が含まれているので、天然の洗浄成分が使われている固形石鹸を使うことがトラブルを防ぐポイントになります。

安心して使える石鹸は?

石鹸と一口にいっても、洗浄成分や配合の割合によって種類が異なりますし、中には添加物が使われているものもあるので、石鹸ならどれでも安心ということはありません。
敏感肌の場合は合成物質を使っていない石鹸を使うのが一番安心なので、洗浄成分となる脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムの配合が98%となっているものを使ってください。
ただし、こういった石鹸は保湿成分が配合されていないので、洗顔後はすぐに保湿をする必要があります。
もし乾燥による刺激が心配なら、植物由来のオイルなど天然の保湿成分が配合されている石鹸もおすすめです。

まとめ

敏感肌になってしまったら、基礎化粧品でケアするのはもちろん、肌を構成したり免疫機能を正常化させる栄養分を摂取していかなくてはいけません。
ですがそれ以上に洗顔は重要なので、肌の状態にあった洗顔石鹸を使ってケアしていきましょう。

関連記事一覧