頭皮にいいシャンプーの選びかたは?シャンプーの3つのタイプを解説

今世間にはさまざまな種類のシャンプーが発売されています。
たくさんありすぎて、いったいどれが本当にいいシャンプーなのか悩んでしまいますよね。

合うシャンプーというのは、その人の髪質や頭皮の状態によって異なります。
世間で「いいシャンプー」と言われていても自分の頭皮に合わなければ逆にトラブルを起こしてしまうこともあります。

そこで今回は、今主に売られている3種類のシャンプーと、それぞれに合う頭皮のタイプをご紹介します。

■高級アルコール系シャンプー

127054
主な市販のシャンプーはほとんどがこの高級アルコール系シャンプーになります。

泡立ちが良く高い洗浄力がありますが、必要な皮脂まで落としてしまうため、
頭皮の乾燥に悩んでいる人や薄毛に悩んでいる方には向きません。

また、過剰に皮脂を落としてしまうことで逆に皮脂の分泌を活性化させてしまうので、
オイリー肌の方も避けた方がいいでしょう。

高級アルコール系シャンプーに含まれる「ラウリル」と「ラウレス」系の界面活性剤は頭皮に良くないと言われているため、
パッケージの成分表を確認してこれらの成分が含まれていないかを確認するといでしょう。

■石鹸シャンプー

3780c816d7c699dc0bd85f66a177539c_s
石鹸シャンプーは、天然素材で作られており環境に優しいシャンプーです。
洗浄力が高いのでオイリー肌の人には向いていますが、皮脂の落としすぎには注意が必要です。

また、使い始めてしばらくは洗いあがりにキシむことがあるので、髪の傷みが気になる人にはあまり向いていません。
運動をする、屋外で過ごすことが多い、油汚れが多いなど、しっかりと洗う必要がある人や、すっきりとした洗いあがりがお好みの方にはおすすめです。

■アミノ酸系シャンプー

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s
アミノ酸系シャンプーは、低刺激なので頭皮が敏感で荒れやすい人や薄毛で悩んでいる人に向いています。
ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンなどの成分が含まれているのがアミノ酸系シャンプーになります。

美容院で使われるのもほとんどがこのアミノ酸系シャンプーです。

一般的に頭皮にいいシャンプーというとこのアミノ酸系シャンプーになるかと思いますが、洗浄力が弱いためオイリー肌の人や頭皮が汚れやすい生活をしている人には、汚れを落とし切れずに頭皮トラブルを起こしてしまう可能性があるためあまり向きません。

まとめ

いかがでしょうか?頭皮にいい、という観点で特に注意すべきなのは「ラウリル」と「ラウレス」系の界面活性剤が含まれていないということですが、それ以外はどの種類のシャンプーも長所・短所あいろいろあります。

自分の頭皮の状態をよく確認して、ぴったりなシャンプーを見つけてください。

関連記事一覧